2019年03月07日

高雄へ

僕は福岡空港 国際線のターミナルでチェックインを待っている。
明日から台湾南部での特別講習会のためである
高雄への直行便は20時10分のため 有効につかえた一日であった。
いまから出かけます。

03C95B64-33FA-4B84-B2D6-34543F9F624D.jpeg

今日は多くの荷物を持たれた皆さんが長い列をつくられている。
posted by 森部隆 at 18:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月05日

お知らせ

今日の朝倉は快晴で穏やかな一日である。
外に出て、
上着を一枚脱ぎ 、深呼吸をすると、
気持ちが良くなってきた。

先ほどホームページが更新されました。
エッセイ かたこしゃんは 第118話 (うさぎと亀)。
お楽しみいただければ嬉しいです
午後も良い時間をお過ごし下さい。
posted by 森部隆 at 13:19| Comment(4) | 日記

2019年03月03日

三日教室二組

三日教室は 一期三日間で一年に三回 、
計9日間開講され、
ここでは いろいろな様式が学べる。
その為であろうか 、人気のあるコースで
小生のクラスにも多くの
池坊いけばなを愛する人達においでいただいて、
感謝している。

また次年度もほとんどの人がおいでになられるという事を
聞き、心のど真ん中で 三回万歳をした。


4BE7C0A9-83EE-4BF3-AA24-32ADE7072E45.jpeg

今期、
希望者はお洒落な現代的砂物を学んだ。
皆さんは長く深い経験持たれているため、
素晴らしい作品がもくれんの教室に並んだ。


4721E1D6-4A9C-4146-9295-C57113AC2633.jpeg

皆さんの明るい笑顔が素敵だ。
また、新年度も会えるのを僕は楽しみにしている。


posted by 森部隆 at 19:59| Comment(4) | 日記

2019年03月02日

花友との出会い

僕は宮崎ブーゲンビリア空港にいる。
歩いていると 池坊花展の掲示板が目に入った。

9170858D-AD5E-4C87-8916-E027B928F1DB.jpeg

F1402FB4-DE22-4DC1-8492-C05C8CFFDA63.jpeg

池坊宮崎中央支部の花展が空港の催し物会場で開催されている。


D8F46610-28B5-4271-9137-F8D0A9BC81D4.jpeg

F70DA7D7-0360-4B1E-B058-C593CA854F60.jpeg

4DDBEBA2-D6F9-49E6-A5E9-D22021AC256E.jpeg

桃 菜の花 雪柳などの花が生けられ空港は春真っ盛りである。

閉館前の訪問で支部の皆さんは作品に水を足したり整理されていたが、
ぜひ見たいと数名の男性が入場され、
熱心にご覧になられ、写真を撮られていたのが印象的であった。

歴史ある、池坊宮崎中央支部は、僕の古くからの花友が先頭に立たたれ
池坊の情熱を伝えてあると聞いていたので、偶然 にお会いし、
作品を拝見する事が出来、僕は大変嬉しくなり、
握手を求めた。

花展は明日3月3日(日曜)午後6時までで、
素晴らしい作品が皆さんを迎えてくれることでしょう。
お近くの方は是非おいで下さい。

追伸、
池坊東京生成会花展で展示された 池坊の歴史年表を目にして
不思議なご縁だなと思った。


posted by 森部隆 at 19:41| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月27日

名古屋での研究会

薄曇りの名古屋は春を思わせる 暖かい
一日であった。

今日の研究会は立花新風体である。
午前中は講義・デモンストレーションは連翹とレリアを取り合わせた 作品を紹介した。
午後は 皆さんが新風体を立てられる。
桜やスカビオサ メリーなどこの季節の
花材を使われ、
見応えのある作品が出来上がり それぞれに
鑑賞されていた。
伝統のある支部のため 先達の熱い思いが感じられ
作品を拝見するときは、自然と背筋がのびる。

B5400AC0-03D9-48EF-9972-0E8084EA7585.jpeg

974E4001-F87B-42E9-A092-265142C3AB8E.jpeg

こちらの支部にはご覧のような 立派な会館があり 一階 は事務所
二階は応接間と 勉強会の部屋となっていて 支部を支える皆さんの心意気が感じらる。
お昼の休憩時間に支部長先生からいけばなや
支部に対する前向きなお話が聞けて
僕は大変勉強になった。
これからの支部の発展を願っている。

僕はいま京都に向かっている。
明日から三日教室ニ組がはじまるからである。







posted by 森部隆 at 17:07| Comment(3) | 日記