2017年09月25日

長閑な1日

    先ほど   味マロンさんから  地元の言葉についてのコメントをいただいた。
その昔 、方言は通行手形と言われていたと聞いた事がある。
しかし、
方言を話そうとしても  なかなか上手くいかないものだ。
アクセントは勿論の事  どの瞬間にその言葉を発するのかで本物かどうかが決まる。

  僕の知り合いに  朝倉弁が地元の人だろうかと間違えるほど、
自然に話される方がおられる。(そりが、なんが、よかが、そげん、こげん、ばってん)を
見事なまでに使い分けられる。
どこで勉強されたのだろうか、次回お会いした時に尋ねてみよう。

ところで  味マロンさんで思い出したが、今朝、
母(かたこしゃん)が  何やら忙しそうに
作業をしている、
よく見ると沢山の栗の皮を  包丁でむいている。大変そう。
最近は便利な栗の皮を剥く物があるそうだが、
母は  懐かしそうな  歌を口ずさみながら  楽しそうである。

夕食に栗ご飯が出来るのだろうか。
近所や親戚におすそ分けするのだろう。

今日は秋の長閑な1日になりそうだ。



posted by 森部隆 at 17:58| Comment(0) | 日記

2017年09月23日

池坊大分東支部花展始まる





                     IMG_0202.JPG


   池坊 大分東支部花展が
9月24日  (日曜)   大分市コンパルホール  市民ギャラリーで
「秋風に乗って    花ごころを紡ぐ」のテーマで開催される。

  ところで、当支部長は前向きな姿勢を持ち
向学心旺盛なかたで 現在も  中研に通われている。

また、色々な性格を持たれている 支部員の心をギュッと掴み、
皆さんの潜在意識を目覚めさせる指導は大したものだと思う。
そのためだろうか、それぞれの作品からは青春時代に戻られたような、
熱い情熱が感じられる。

   会場  正面には  支部長が立てられた 二代専好の作品があり、
それぞれの 支部員が制作された   松一色、立花新風体、立花正風体、
生花 新風体、生花正風体、お洒落な自由花等が展示されていて
明日、訪れる 皆さんの心に響くことであろう。

お近くの方は是非おいでいただいて、
秋の爽やかな風を感じていただきたいと願っている。


大分市内の朝

IMG_0821.JPG   

カーテンを開けると  初秋の明るい光が入って来た。


 IMG_0820.JPG

    右手にはうっすらと別府の市街地が見える。ここは 日本の温泉を代表する
 有名な湯が湧き、
また、海の幸   山の幸が豊富で  一度訪れてみたい所だ。



IMG_0815.JPG

   この方向に風光明媚な山々の景色が広がる。

大分の言葉
「いのちき」
生涯を貫く仕事を持ち、 何の仕事でも 一生懸命やる事が大切だという事だそうだ。













posted by 森部隆 at 16:33| Comment(2) | 日記

2017年09月20日

お知らせ

   
   本日は三日教室二組の初日である。
立花、生花 自由花とそれぞれに取り組まれ、緊張感あふれる室内であった。

ところで、今日の早朝 ホームページが更新され、
エッセイかたこしゃんは  第83話「母の嘘」を掲載している。

また、表紙の「華浪漫」の紹介が英語でも紹介され、10月7日 、8日、9日の、
10時半から11時半まで行われるサイン会のお知らせを掲載している。
いよいよ   発刊が近づいてきた。

皆さんには  今後ともよろしくお願い  いたします。





















posted by 森部隆 at 20:33| Comment(7) | 日記