2020年02月12日

踏まれても 踏まれても

   久しぶりに朝倉の田園地帯を散策した。 誤解が無いように付記しておくが  歩いてではなく 白い軽トラだ。
この車は周りの環境に調和する。

 ゆっくり  ゆっくり動く道すがら、
農作業されている見知らぬ方が挨拶をされる。勿論のこと僕も笑顔で頭を下げる。


65BC12D4-7779-47A4-8361-2C7CC7C4FF4E.jpeg


3FD7E528-895C-4F54-ACCE-7F6D8B683207.jpeg

よく見ると  麦の先端が曲がっている。これは昔から行なわれている 麦踏みである。
この作業で 麦が元気に大きく育つためだそうだ。  これを考えた人は偉いと思う。

そうだ! 麦のように、
大変な事 苦しいことも 自分にとって何一つ無駄はない。そう思うと
前向きになれる。
皆さん 何事もケセラ セラで行こう。明るい明日はきっと来る。

5973FCB5-2305-4526-84A7-9E1D8E0D4A5C.jpeg


 立春を過ぎ、百花の花が咲く 春がそこまでやってきている。 
楽しくなってきた。


【日記の最新記事】
posted by 森部隆 at 21:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月08日

懇親会

  今夜六時より ウエステン都ホテルで  教養科A  教養科B
特修科の謝恩パーティーが華やかにおこなわれた。
日頃はクラスごとの集まりだが この懇親会は一年 あるいは二年に一度の開催で
池坊を愛する人が一同に集まり友情の和を深める貴重な時間だ。
二時間の間 それぞれのクラスで出し物が発表される。
皆さんの才能には驚くばかりで今宵も楽しい時間であった。 

明日十時より修了式。
近い将来また皆さんに会えるのを心から楽しみにしている。


04398064-424A-48DB-A2A1-93D6CA0F38FD.jpeg

  ホテルの宴会場の天井が高く シャンデリアに特徴があり、素敵な空間である。

16DCDBEF-4311-4219-9AC5-820B0E9779A9.jpeg

  クラスでそれぞれに趣向をこらされ、また小物にも気を配られ パーティーを盛り上げようとされる姿勢には頭が下がる。
皆さんのおかげで楽しい二時間であった。

posted by 森部隆 at 22:20| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

寒い京都の朝

  おはようございます
昨日の京都は小雪が降り 香港や台湾から中研に通われている方は大喜び。
お国ではなかなか見れない冬景色だろうから頷ける。

昨日は特別科の卒業式であった。本日は教養科の試作展  昨夜は気になって眠れなかった人も多いのではないだろうか。 この時間 皆さんは作品に取り組まれていることだろう。  全ての人が自分を信じて伸び伸びと良い作品を目指していただきたい。
最後のチェックも忘れないように。  頑張って。

午後 皆さんの作品を拝見できるのを楽しみにしている。


D8739265-BC7A-4E36-BD3B-7FDECE4BA2FA.jpeg

  今朝の京都は寒いのだが 立春を過ぎたためだろうか  外界は春の光である。
この建物は京都文化博物館である。 貴重な素晴らしい物が展示されていて 多くの皆さんが訪れている。

64AF6EF9-3554-4EA4-AF0C-A474E452994B.jpeg
 
お家元までは三条通りを通る。 以前信号機が所々設置されていたのだが  今は取り外され、
見晴らしが良くなった。 この通りには ヨーロッパに来たかのような建物が複数残っている。
ここは京都三条の郵便局である。
posted by 森部隆 at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月05日

大変だ

  三日前ホテルから外に出て携帯を操作していると、 気が散ったのだろうか はずみで落としてしまった。
前回 落下した時は大丈夫だったのだが、 今回は画面に大きくヒビが入り 右端にブルーのラインが二本、 昨日から赤のラインに変わった。 心配だ。
システムは今のところ普通に使えるのだが、 メール機能がまったく出来ない。


もし、 僕にメッセージを送られた方には心配をかけます。  ごめんなさい。
  僕はこれから京都に数日滞在する為 あちらで修理をしようと思います。
ちなみに、今はiPadで書いています。
ブログをご覧の皆様もくれぐれも気をつけられますように。
携帯があるとありがたさに気づきませんが、 ないと大変こまります。
いろいろと考えさせられます。
posted by 森部隆 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月02日

穏やかな京都の1日

  今朝は雲ひとつない京都の朝である。
 三条通りを家元まで歩いていると、頬に当たる風が気持ち良い。
ところで、
会館には本日おいでになった学生さんが多勢おられる。
明日から第四期で木曜日に試作展を控えておられる為、
皆さんは 地下の花市さんにおいでになり 花材選びに余念がない。 
一輪の花を手にして 表情を見られている姿は まさにプロフエッショナルの風格が感じられる。  皆さんの健闘を願っている。


C6D2C1FA-D031-47B3-979F-5B999E35B423.jpeg

ここから見ると、 色とりどりの木物や葉物が所狭しと並んでいる。

60A6D207-2ED3-4883-BE71-74E1DE634215.jpeg

一方、 反対側には色鮮やかな蘭や 春の草花が並ぶ。
さあ、どの花がどのようなドラマを作ってくれるのだろうか。 楽しみである。
posted by 森部隆 at 18:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記