2018年11月14日

お知らせ


本日 早朝に
シャネルマツリの動画がアップされました。
トップページ 三角の部分をクリックしていただくと
ご覧いただけます。

皆さまのご意見を お待ちしています。
posted by 森部隆 at 07:11| Comment(6) | 日記

2018年11月11日

新しい催し

今年度の旧七夕会は(花と音楽の夕べ) 高島屋会場において
次期家元と教学員4名による 音楽(曲目)をテーマにした作品展示と演奏家による生演奏が行われた。
僕は本日も 第一回目の演奏を聴いた。
広い会場には多くのお客様がお出でになり 演奏と、
作品を楽しまれている。

5935C982-D8F3-4C78-9E76-0E3D8F60429B.jpeg

この会場が
下の写真のようにいっぱいになった。

48A161C2-5210-4764-A7CB-330998DE6566.jpeg



DDCEEB19-9B19-4174-809D-E32599016742.jpeg


小生の作品。
毎日の手直しで 日毎 表情が変化していく。


ECB0141D-249B-4D83-AB91-93936BE3F7A7.jpeg

この作品のコメント


5CD5FDFE-96C8-4706-B3DC-FD993C2B6AD0.jpeg

小生の曲目は
ドヴォルザーク スラブ舞曲第10番。

この曲はせつなく、哀愁漂うといわれ
演奏会では アンコールに用いられるほど有名な
曲だが、 聴く人により、 切なさだけではなく 楽しくウキウキなったり、
力がみなぎるパワーを感じられ 人それぞれである。
小生のテーマ(白のクレッシェンド) 白は見る人により赤 黄色 青 黒 ピンク等 に感じる。
音楽といけばなの融合で鑑賞者に自分の表現をして欲しいと思い、この楽曲にしたのである。

それより なにより 僕のはこの曲が大好きだから、
この作品の楽曲にした。






posted by 森部隆 at 18:10| Comment(5) | 日記

2018年11月09日

池坊会場も開催される

本日より池坊会場でも 旧七夕会花展が始まり。道場、本館 4.5.6.7.階、 ウエスト7階に力作が展示され、
鑑賞者の目を楽しませている。

また、本館4階 5階では全国支部選出コンクールの作品が並ぶ。
出瓶者は 全国はもとより 世界中の方々が挑戦され、見応えのある作品だ。
また、審査員の作品に対するアドバイスが書かれた 講評があり、大変勉強になる会場となっている。

コンクール展覧 は明日10日(土曜日) 17時まで。
是非ご覧いただき、池坊の素晴らしさを堪能していただきたい。



A2ECA780-FAE6-4D39-BF42-431FE9C9DA6D.jpeg

明るく 優しい方が
インフォメーションコーナーで
来場された お客様を案内。
池坊全員が花展を成功させようとする
意気込みが感じられる、

B5FF1D6C-895E-4939-9CF5-1977D1E51C05.jpeg

コンクール出瓶者はもとより 花展参加者の皆さんがもっとも
気になる掲示である。
あえて 小さく写しているのには 理由があり、
皆さんご自身の目で見ていただきたいからである。
明日までの掲示。


posted by 森部隆 at 17:20| Comment(6) | 日記

2018年11月07日

七夕会始まる

平成30年度旧七夕会池坊全国華道展が(いけばな大作戦)のテーマで始まった。

226FCE1E-8A97-40B7-BE9C-4C0DE3EAEC99.jpeg

花展会場入り口。


今回は 花と音楽の夕べのコーナーが設けられ 多くのお客様が聞き入られ、作品との融合をごらんいただいたのである。
小生の作品は ( 白のクレッシェンド)のテーマ。
僕が希望した (ドヴォルザーク スラブ舞曲10番)を演奏していただき、
思いもよらぬ 作品と音楽の融合に感動したのである。


F9869B34-4FD4-4411-A01A-917932F2EEBE.jpeg


AAB33E2F-42A8-431B-971C-AB4829F3F636.jpeg



ところで
明日は池坊会場で 9時よりコンクールの生け込みが始まる。
出瓶者の皆さんは 、今夜眠れない方も多い事だろうが この気持ちが今後のいけばな人生にとり
大変貴重な財産になるものだと思う。
皆さん、
自分を信じて 頑張っていただきたい。
これまで培ってきた 稽古が生かされますよう。
皆さんの健闘を祈ります。

posted by 森部隆 at 21:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月05日

七夕会生け込み

明日午後から 京都高島屋で七夕会の生け込みが始まる。

この日のために 出瓶者の皆さんは何ヶ月も前から 花材や花器、構成、
など 綿密な準備をされ臨まれる事だろう。
さて、
今年度はどのような傾向なのだろうか? 皆さんの作品を拝見するのが
今から 楽しみだ。

小生は 高島屋に出瓶する。
音楽とのコラボのコーナーに
立花新風体を出瓶。
上手くできる事をのぞんでいるのだが どうなるのか心配だ 。。。

頑張ります!

本日はすこし早めの飛行機で京都へ向かう。
ホテルについたら、
荷物を整理し、 ゆっくり湯船につかり 、 体をほぐして
明日に臨もうと思う。


ところで
本日、五日は小生のホームページの更新日である。
エッセイかたこしゃんは百十話をむかえた。
今回は (流れ星) 。お楽しみください。




posted by 森部隆 at 13:42| Comment(2) | 日記