2019年07月16日

バンコク支部研究会

  本日、
バンコク支部長サリーさんのビル5階で講習会が行われ、多くの皆さんに参加していただいた。  ところで  僕はこの地に9日から滞在しているので  今日で8日が経過した 。 長いようで  終わってしまえば  短く感じられ  少し寂しくなってきたのである。
この度のバンコク支部30周年記念花展  成功の裏には   支部の皆さんの献身的な働きがあればこそである。  毎日二時間の睡眠時間の人もおられ  頭が下がる。  どうぞ今日からゆっくりやすんでいただきたい。本当にお疲れ様でした。

    立花新風体の研究会では タイの花材が使われ、印象的な作品ができ  見応えあるものとなったのである。


0E8DFEFC-30D9-4D19-A078-987E743BD892.jpeg
CB74B8C2-8893-4494-8FEC-65F4DDAD3103.jpeg

今日の参加者の皆さん。  



posted by 森部隆 at 18:39| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月15日

あと1日になりました

  本日はタイ国日本大使館で講義  デモンストレーションが一時半より  多くの皆さんを迎えして行われた
 日本からの皆さんも全員参加され大使公邸に入る栄誉に皆さんは感動された事だろう
ところで
七月六日からの出張も  明日の講習会を残すのみとなった   


今回  多くの皆さんに応援していただき感謝しています   ありがとうございました


大使館公邸の会場

0B89C36E-7F15-4489-984D-B3B481C3B6D6.jpeg



posted by 森部隆 at 22:48| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月13日

バンコク花展

   本日、  バンコク市内の由緒あるホテル  (エラワン  グランドハイアット)において  バンコク支部30周年記念花展が開催された。  
オープンと同時に多くの方が入場され  会場は熱気溢れる室内となったのである。
また、11時半より 隣のホールでバンコク支部30周年記念行事が開催された。

花展会場

B71112FA-CB69-4F7B-B26A-B4E6F6F02D5B.jpeg

午餐会の会場

40D9775F-6C72-487B-BE83-E146AECFC40E.jpeg


posted by 森部隆 at 23:06| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月11日

バンコク初日

  今朝9時より支部の皆さんと植木市場へ 花材を採取にワゴン車3台で向かった。
本日は  太陽がギラギラと照りつけている  
僕はつとめて  日陰を見つけながら歩くのだが、良い花材に出会うと  
日本から参加して頂く皆さんの喜ぶ顔が浮かび   夢中になり、 陽のあたるところもなんのその   。
そのせいで、しばらくすると  顔が赤くなり  リゾートにいって焼いたみたいに顔が赤黒くなった。

昼食が終わり 支部長の家に植木を置き、その後花市場に向かう。
タイはランをはじめ 切り花が豊富な国である。
今日で買い出しが終わり準備万端。

明日おいでになる。日本からの皆さんに会えるのが楽しみだ。
たくさんの南国の花や美味しい果物が皆さんを待っています。


22C3DD8B-C1A8-4A6B-87BD-8CC2A4C666D2.jpeg


0602DDCF-B09C-496E-8037-CCC2B8456DD1.jpeg








555AEB4D-DAF0-4DF4-AD7A-D629B0B32698.jpeg
posted by 森部隆 at 00:27| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月08日

二日目のジャカルタ

  薄曇りのジャカルタの朝をむかえた。  
本日は自由花入門カリキュラムステップ1の講習のため、僕は  昨夜予習をしたが  心配だ。
十時より講習開始  。
幸いな事に英語で書かれたテキストのため  会員の皆さんは良く理解されたようだ。  今更ながら  このテキストは良くできていると感心する。  

今夜お疲れ様会がインドネシア料理の店で行われた。  皆さんが着用されているのはピンクに見えるが 実は紫で 、生地は同じだが  襟などのデザインは全て違う。支部長が言われるには、  自由花と同じで基本を第一に  その後は自由自在ですと明るく大きな声で笑われたのが印象的であった。 ちなみにこの服の色は五通りあるらしく 、昨日は黒の服  後の3つを見て見たいものだ。
これを見ても支部の熱い心意気が感じられる。



4608F06E-E6EC-4E87-B225-43C529A47AC2.jpeg

E9F8E511-68CF-45F2-BC98-4430BFBCBBA3.jpeg

朝夕の通勤通学のとき  ここを走る列車の天井にも多くの人が乗っているそうだ。
ごらんのように  家と家の間を列車が走る。

posted by 森部隆 at 22:55| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記