2017年11月28日

甘木レールバス

   先日   レールバスに乗る機会があった。    飛行機での移動の時は
空港近くのパーキングに駐車するのだが、
JRを利用する時は   このレールバスが便利な為  良く利用する。

このレールバスバスは  バスといってもバスではなく   線路を走る列車である。
甘木の第三セクターが経営していて、甘木から  鹿児島本線 基山駅までを、
一両で走り、  朝夕の通勤  通学時間は連結される。

長閑な田園地帯を走る列車で、普通は空席が目立ち、
ゆったりとした 気持ちで移動できるのだが、
その日は何かの行事があったのだろうか。
多勢のお客さんが乗車された。

僕は早く来ていたので  座れたが、 立っている方も多い。
僕の前に立たれたのは  白髪のキリッとした  お婆ちゃんである。   

  席を変わろうと思ったが、なかなか  言い出せない 、一駅  二駅すぎて  
(おかけになりませんか)と  声をかけた。

しかし、(その方は結構です ) と言われ、
前方に移動された。
少し気分を害されたようにお見受けしたのである。
  僕は  言わなければ良かったと
思った。 

その方は   お年寄りと思われたのが嫌だったのだろうか。
お老けになられていたが、  良く見ると  僕と同じか  少し若いように見えた。

しもた    しもた(失敗した)

これから、声をかける時は良く見てからでないと。。


「席ゆづり   自分の気持ち  楽になり」
という川柳があるが。   気持ちよく  できなかった時は  尾を引く。


僕は、
基山駅で降りるまで 、
この事をずーっと引きずっていた。
(しもた)。





続きを読む
posted by 森部隆 at 11:47| Comment(4) | 日記

2017年11月24日

半日ドッグ

   朝倉は寒い朝をむかえた。
本日は一年に一度の半日ドッグの日。僕はでかける準備をして   町の診療所に向かう。
到着して  手続きをしようとすると   今日の資料を忘れていたことに気づき
受付を済ませ    自宅に戻った。

すぐさま引き返し 診療所に向かっていると  車の中で  心に響く音楽が聞こえてきて、
早速メモ、 チャンスがあればCDを買い求めたいと思う。

まさにピンチがチャンスとなった。資料を忘れなければ
 この曲には 出会えなかったであろう。  
考え方を変えたら  「パラダイス」である。

ところで、
8時半より  色々の検査 開始    身長は昨年から  伸びが止まり  同じであった。
ただ  少しだけ   少しだけ  お腹周りが。。。伸びた。
胃透視のバリューム飲料はこたえる。 これが一番辛い  、
経験者の方は僕と同じ気持ちであろう。

しかし、
血圧と血管年齢は 、
昨夜と 今朝起きて   すぐ  多めに(血管若いの体操) をしたおかげで   バッチリ
後の結果は    後日  診療所から知らせていただける事になっている。

皆さんもお身体ご自愛ください。


5F7C6955-6095-4269-B810-F9F2E1C3A70B.jpeg
  
  孟宗竹に陽射しがあたり  穏やかな時間が流れている。
右に見えている枝は   白玉椿で  上を見上げると
たくさんの可愛い花をつけている。
posted by 森部隆 at 12:13| Comment(2) | 日記

2017年11月22日

嬉しさのお裾分け

  本日は  遊花村塾(自宅稽古)であった。

  旧七夕会が過ぎると、
生けられる 花材も  すっかり 変わり  、
木瓜、水仙、枝垂れ柳   椿  松   南天 などが用いられていた。
なかには春を思わせるようなスイトピーやピンクの躑躅等  それぞれの取り合わせで、
皆さんは熱のこもった稽古をされたのである。

自宅稽古は以前より水曜日に行われ、
僕に用件がない限り、朝から夜まで熱心に取り組まれる。
今夜も  先程  皆さんは大きな荷物を大事そうに 抱え  帰って行かれた 。
お疲れ様でした。

  ところで  お昼時間に 事務所より連絡をいただいたのだが、
台湾のある支部から  多くの
(華浪漫)購入の希望があり 、
大変でしょうが
サインをお願いできるのでしょうか  との内容であった。
すぐに   ありがとうございますと返事をしたのである。
僕は   大変だとは一度も思ったことはない。
嬉しく、ありがたい  ただ、それだけである。

  また、一度  買われた方から 「華浪漫」をご覧になり  追加注文を頂くのは 
嬉しいものである。
皆さんに感謝。。
ありがとうございました。


207BEC9D-EAF2-417A-8243-41D79B4CAF20.jpeg

5C0C9BF3-7590-4BC2-AFEF-C8ED82C2C2DD.jpeg

小生の「華浪漫」 に(愁歎姿)の  たてはながある。

   これは  心乱れる心情を表したもので、  
辛く苦しい時でも花を立てる事で、少しでも明るい希望を持ち
明日に臨む事ができたのである。

この世の中、色々と大変なことも多いけれども、
花を生ける事で、
問題は根本的に解決はしていないが、心が晴れてくる。
まさに(花の力)だ。






posted by 森部隆 at 19:34| Comment(6) | 日記