2020年03月05日

視点を変えて


  先程、以前よりたまっていた 仕事が終わり
ホット一息。
僕は 気持ちが軽くなり これから
散策に行こうと思う。
  今日は白い軽トラではなく、
歩いてみようかなと思えるくらい
穏やかで 春らしい 良い天気になった。

 車と歩くのでは視点が違うため、新しい発見に出会える。
これは 、僕達が花を見る姿勢にも通じるように思う。


  それでは、早速
我が家の白い木蓮を下から見てみよう。


E6AF666D-16B4-445D-A767-F840AE3EE1F9.jpeg

 青空との相性が良い。

9A3631F5-4687-4DA5-B624-DC35BCEC0EE8.jpeg

6BC9EE12-D71A-4A33-8DD1-CAFFF9024F62.jpeg


  開花の期間は短いが、
 いま盛りに 無心で咲いている姿がいじらしい。


【日記の最新記事】
posted by 森部隆 at 17:30| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月01日

幹造り立花


  土日コース総合特別科立花専攻三組の授業を小生が担当した。
枝垂柳を真副に用い、 流枝は松。
 今回は幹造りがテーマで技術力が求められる。
 池坊では(無技巧の技巧)が最高の技巧と言われていて、 丁寧でしっかりとしたものが要求されるのである。
さらに自分にあった技を学ばなければならない。
 禅語に ( 鶏寒上樹  鴨寒下水)とある。この意味は 同じように寒さから身を守るのだが、方法はそれぞれに違うということであり、何事も目標に達するにはいろいろな方法がありそれを選択するのは自分ということであろう。

皆さんは二日間かけての制作のため余裕を持ち 怪我する事も無く良い立花が完成した。
ある学生は 今回初めての経験で心配しましたが、充実感や達成感があり本当に感動しました、と笑顔で話されるのを聞き僕は嬉しくなり、この度担当させていただき良かったと思った。

また近い将来皆さんに会えるのを楽しみにしている。
お疲れ様でした。


7E33EF24-FFF3-456E-818A-A8C8822C4A92.jpeg

7階さくらの教室は広いので、
皆さん伸び伸びと作品に取り組まれた。


F6BE83D9-ACEA-4579-853D-D72D53DA8BA9.jpeg

 

D661EA12-4353-4BD0-AC11-FB8D6E078E8A.jpeg

  こうして作品を並べてみると迫力が感じられる。

  池坊の立花は素晴らしいものだということを皆さんは再認識され、
デッサンをしたり 写真を撮ったりと お互いの作品を鑑賞されていた。








posted by 森部隆 at 18:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月27日

懇親会

  
  午後六時より 京都オークラホテル三階の宴会場で
池坊中央研修学院専門科A 、 専門科Bの懇親会が行われた。 

 今朝は八時より 試作展の生け込み。
 学生は数ヶ月前から何を生けようかと計画をたてられていたといわれた。
作品が良くできた人、少し訂正したかった人、様々であろう。
 僕は結果より これまで頑張ってこられた過程が重要だと
思う。 これまで学んだ事を忘れず これからも頑張っていただきたい。

昨夜 あまり眠っていない人も多いと聞いた。 今夜はゆっくりやすんでいただきたい。
おやすみなさい。  

明日は十時より修了式が二階ホールで行われる。



F7E1DF1C-8AE1-4044-BED1-6D0D6B975F97.jpeg


7F4443F2-4F60-4D8C-A474-818C2522CA9F.jpeg

415B6A01-C55A-4C73-8C8E-5929E126AF81.jpeg


26329E62-E3DB-46FA-98A2-D8C827FA83F8.jpeg


今宵 それぞれのクラスにより趣向いっぱいの出し物をされたのである。
 我々講師七名も参加して 楽しい時間を過ごすことができた。
ところで、新年度より 上に進まれる方、 諸事情でおやすみされる方
いろいろであろうが、 近い将来皆さんに会えるのを心から
楽しみにしている。






posted by 森部隆 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月26日

(別無工夫)


  いよいよ 明日は試作展。

先程エレベーターに乗っていると  数名の学生さんがのりこまれた。
みなさん緊張気味で (はー  はー)と言葉にならない。
僕も皆さんの気持ちがよく分かる。若かりし頃を思い出し 新鮮な気持ちになったのである

常々思っている事がある。
 僕は結果よりこれまで頑張ってこられた過程が大事だと思う。
この様な体験ができるのは
皆さんが現在青春時代真っ盛りであり、
誰にでも出来る事ではない
皆さんだけの特権である。

禅の言葉に  (別無工夫) がある   これは これまで頑張ってきたから 後は天に任せ自分らしく頑張れば良い結果となるよ という事だ。
そうです 自然体で


明日の夜は頑張られた皆さんに楽しい
謝恩会が待っている。
   
  フレー  フレー  皆さん。
posted by 森部隆 at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月24日

自由花に取り組む

  本日 5階もみじの教室で2年制専門科Aの授業を小生が担当した。
今日のテーマは草木の良い所を引き出し、
それを生かすのである
皆さんはいろいろな植物に取り組まれ、それぞれに見応えのある作品ができた。
可能であれば ブログにアップしたいのだが そうはいかない
そこで 
ここでは 授業風景を紹介することにしたのである。



  B5520F19-FE8E-4D90-9BC3-92B012E4A4E1.jpeg


D38F5DB3-BE3D-40BA-9EC6-F5F5658ED0F3.jpeg


 このクラスの皆さんは仲が良い 。
これから 夕食会に行かれるそうだ。  皆さんで楽しんでいただきたい。
posted by 森部隆 at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記