2018年11月25日

花王以来の花伝書に学ぶ


特修立花専攻土日コースの授業が4階もくれんの教室で行われた。
土曜は立て花、本日は釣り 掛け 置き生けの立花新風体を学ぶ。
それぞれの作品には 熱い心意気があり、見応えのある作品がならんだ。
多くの人にも見ていただきたい作品である。
僅か二日間であったが 充実した時間が過ごせ 僕は嬉しかった。
明日から仕事の人も多いと いうことである。お疲れが出ませんように。
気をつけて帰っていただきたい。

明日からは3日教室1組が開講する。本日と同じ4階もくれん教室での開講である。

ところで、
立て花について少し触れてみたい。 立て花はいけばなの最も古い花形で
本木と下草で構成されるが 後の立花のように定まった形はない。
立て花の図は室町時代の中頃、文明18年(1486)に相伝された『花王以来の花伝書』に見ることができる。
行事にちなんだ花や人の心情を表現した花などがあり、当時の花がいけられた場面がうかがえる。


240AE6D4-5CDD-4BBE-8CE4-F4FCB0452CF9.jpeg


この立て花は『人待ち花』と呼ばれ、「恋の花」とも言われている。
小生の(華浪漫)の中より掲載したこの作品には、
忍枝、心ウカレ草 、心乱れ、人シタウ枝等の名称が各枝につけられ、
現代に生きる我々にも共感できる立て花である。

愛しき人を思う 熱い心が通じますようにと、
一枝 ひとえだ に願いを込めて、立てられたのであろう。
この思いは、
当時も現代も何ら変わらない。 なんと素晴らしい事であろうか。。




posted by 森部隆 at 20:25| Comment(3) | 古典に学ぶ

2018年01月23日

風水

     寒い日が続いていますが、皆さんお元気にお過ごしでしょうか。
おかげさまで  僕は暖かい気持ちで  楽しい毎日を過ごしています。

この、原因は特には  ありませんが、
先日、ある方が、
(風水では、トイレに赤い花を生けていると 難を逃れ  
良い事が自分で意識しなくてもやってきますよ)   と、
言われていたのを思い出し、早速実行したら   なんと良いことが。。。効果が早くでて  ビックリ。。

ホテルに宿泊するときも  一輪の赤い花をコップに生けるようにしています。
そのためでしょうか、今のところ気持ちよく  毎日を過ごしています。
ちなみに、 「赤いスイトピー、ガーベラ、バラ、カーネーション、
赤い実、その他にも色々ありそうです」。

皆さんもトイレに  (赤い花)を生けてみませんか️!
きっと   良いことがありますよ。   お勧めです。。


posted by 森部隆 at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 古典に学ぶ

2017年12月19日

脚下照顧

       「脚下照顧」
     (きゃっかしょうこ)

この言葉は、
履物をそろえて、足元を良く見なさい(気をつけなさい)。
という意味だけではなく   自分自身(脚下)   を良く振り返り反省しなさいという
意味だそうだ。

自分の履物ををそろえて、その後、
他人の履物の乱れを直すという事で  

先づは、
自分自身を見直しなさいという意味。

つまり、他人の批判をする前に自分の言動を見つめ直して
良く考えるべきであるという、自己反省の教えである。


この言葉は僕の心に響く。
僕も来年からは 。。。


711A181B-A2A4-4706-81C2-4FCA14AC7A79.jpeg


    この地は  以前小学校があったのだが    現在は  県の施設が建設され、
この中では  勉強している学生、スポーツに取り組む人、文化活動をしている人等
多くの人を見る事ができる。。

海岸沿いにある事もあり  、
立派な松が成育しているのを見ると   凛とした心になる。
松は日本人の愛する木の一つで、
池坊では華道の三木の筆頭である。

そういえば   もうすぐお正月。
多くの家庭では、  幸せを願って 松が生けられる事だろう。



posted by 森部隆 at 13:12| Comment(2) | 古典に学ぶ