2018年01月23日

風水

     寒い日が続いていますが、皆さんお元気にお過ごしでしょうか。
おかげさまで  僕は暖かい気持ちで  楽しい毎日を過ごしています。

この、原因は特には  ありませんが、
先日、ある方が、
(風水では、トイレに赤い花を生けていると 難を逃れ  
良い事が自分で意識しなくてもやってきますよ)   と、
言われていたのを思い出し、早速実行したら   なんと良いことが。。。効果が早くでて  ビックリ。。

ホテルに宿泊するときも  一輪の赤い花をコップに生けるようにしています。
そのためでしょうか、今のところ気持ちよく  毎日を過ごしています。
ちなみに、 「赤いスイトピー、ガーベラ、バラ、カーネーション、
赤い実、その他にも色々ありそうです」。

皆さんもトイレに  (赤い花)を生けてみませんか️!
きっと   良いことがありますよ。   お勧めです。。


posted by 森部隆 at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 古典に学ぶ

2017年12月19日

脚下照顧

       「脚下照顧」
     (きゃっかしょうこ)

この言葉は、
履物をそろえて、足元を良く見なさい(気をつけなさい)。
という意味だけではなく   自分自身(脚下)   を良く振り返り反省しなさいという
意味だそうだ。

自分の履物ををそろえて、その後、
他人の履物の乱れを直すという事で  

先づは、
自分自身を見直しなさいという意味。

つまり、他人の批判をする前に自分の言動を見つめ直して
良く考えるべきであるという、自己反省の教えである。


この言葉は僕の心に響く。
僕も来年からは 。。。


711A181B-A2A4-4706-81C2-4FCA14AC7A79.jpeg


    この地は  以前小学校があったのだが    現在は  県の施設が建設され、
この中では  勉強している学生、スポーツに取り組む人、文化活動をしている人等
多くの人を見る事ができる。。

海岸沿いにある事もあり  、
立派な松が成育しているのを見ると   凛とした心になる。
松は日本人の愛する木の一つで、
池坊では華道の三木の筆頭である。

そういえば   もうすぐお正月。
多くの家庭では、  幸せを願って 松が生けられる事だろう。



posted by 森部隆 at 13:12| Comment(2) | 古典に学ぶ

2016年09月26日

乾坤一擲

「乾坤一擲」
(自然を敬い、全てを天に任せ  即座に行動する事)

本日は  2年制平日コース特別科の授業が本館5階「きく」の教室で開講された。
内容は、又木を使っての二種生である。

これが難しい。
慣れているとは言っても
全てが上手くできるとは限らない。

生けている途中、(あー、あらー)  の声が聞こえてきた。
おそらく枝振りの良い、
おめあての枝が折れたのであろう。

芸には恐さがつきものだ。
誰かが、(一か八かですね)と言われたが、
僕もそうだなと改めて思う。
まさに、「乾坤一擲」である。

今日の皆さんも、
熱心に取り組まれ、終了間際になると、
それぞれに立派な作品を生けられた。これも日頃からの  修練の結果であろう。

ところで、
僕はこれから朝倉にもどるのだが、
いつものところで、いつものものを頂くと事にしよう。
食べた後は、元気が出て、またやろうという気が
ムラムラと起きてくるから不思議だ。



image.jpeg

細くて風情のある竜胆の姿が素晴らしい。

image.jpeg

真副には、なつはぜ、エニシダ、やなぎ、サンザシ、すすき、せいばもろこし等が用いられ、
体には、竜胆、小菊、桔梗が取り合わされて、秋の情感が溢れる生花となった。
皆さん良く頑張りました。。


posted by 森部隆 at 17:18| Comment(0) | 古典に学ぶ