2018年11月28日

三日教室三期

本日 三日教室 が 最終日を迎えた。三日教室は三日で年3回 計
9日の開講で あっという間に終了する。
これで良しと言われる方、 いや 5日間が良いと思われる方
いろいろであるが 皆さんに共通していることは、
池坊いけばなが大好きで、花を大事に 大事にされる方ばかりで、素敵な方々である。
僕にとっては大切な たいせつな方々ばかりだ。

2E8A1283-D5B7-4A09-9332-708B8B8758A9.jpeg

B16A5C22-5C94-4AA9-9E9C-700D79B47938.jpeg


三期は
お洒落な現代的砂物を立てられ、
素晴らしい作品が四階もくれんの教室に並んだ。

A341A795-18D3-4DB0-AF22-150B55DC3A1F.jpeg

三日教室では
目的の花を自分のペースで 取り組まれる。
そのため、立花だけではなく 自由花の大作、水仙や木瓜の一種生を生けられる方など、
見応えがある。

皆さん 良く頑張りました。
また来年度もお会いできるのを楽しみにしています。
気をつけて帰ってください。

posted by 森部隆 at 16:19| Comment(0) | 日記

2018年11月23日

花言葉

花言葉は 先人の教えというより、
現代に生きる人が 草木の生い立ちや 性状を良く観察して、つけたと思われる。
いけばなでは (出生)であり、それに人の生き方や思いを重ね合わせたものであろう。

我が家には多くの山茶花があり 幼い頃、
小学校に行く時 、 道一面に山茶花の花びらが落ち 、それを手でもむと、
色が出る。 それを友達の顔につけあい ワアーワアー 言いながら
面白がっていた事を思い出した。

ところで 先日、
植木の商いをする方が 我が家の山茶花を売って欲しいと来れれた。
その方が言われるには、
山茶花の花言葉が大変良く 外国の方に大変人気なので、
是非にと言われ、数本掘って行かれた。

我が家の山茶花
11月の花である。

516243B6-C7E3-47B2-9873-0DDCD28F8551.jpeg

0892C7D6-E2D0-493A-8940-317DDD8D2F60.jpeg

0A3B91BD-DF2F-4509-880C-F2CAD31BB2B6.jpeg


47E155D7-B527-4A5F-9888-99619B4E9961.jpeg



6779579D-99A5-4EC7-B524-750B52323B16.jpeg


花言葉
(困難に打ち勝つ)

何をやってもうまくいかない。
悲しい事に出会い、何もする気が起きない。等 など 私達は生きているため、
このような事は当然 誰にでも起こることだ。
そんな時、心を振るい立てる為の一つの手段となるのが草木からの教えである。

山茶花の花言葉が気になり、 今朝 外に出て、
朝露を浴びた我が家の山茶花を見ると、
僕の 心に明かりが灯り 明日に向かおうという気持ちになったのである。

さあ!これからだ。。

『ケ・セラ・セラ』






posted by 森部隆 at 10:37| Comment(8) | 日記

2018年11月21日

葉落帰根


朝倉の大地

A26F81BA-38FA-43AE-A928-1BE60CD3AE1C.jpeg

つい先日まで一面が黄金色であったのに。 今はご覧のような黒い大地。
この土の中には細かく切られた 藁が入っていて、作物の肥料となる。
(葉落帰根) と言う禅語がある。 葉が落ち、 その葉が根を育てる栄養となり、
命は循環するという意味だそうだ。

さて、
この大地から、何が芽生えてくるのだろうか。
ただ今、明日に向かうための準備中。

(coming soon )

右手に小さな建物が見えるが、これは潅水池(かんすいいけ)と呼ばれるもので 地中から水を汲み上げ
田んぼに水を供給する施設である。
小学生の頃 6月の暑い日には 口をつけて 水をガブガブ飲んだ事を思い出した。




47B936E3-609B-4BB4-BB55-4F4C4ACC78C8.jpeg

789D32CB-E089-4F88-9132-AA56FF83F2BC.jpeg

筑後川沿いの肥沃の大地、
この地も作物を植える準備中である。


ところで、朝の散策の折
ピンクの椿にであった。
良く見ると既に霜除けの葉がそれぞれの花の上にある。

01B87E80-2413-4CBC-B40F-9963AAF3CCAC.jpeg


CBC8CA87-7641-40E5-9F53-31426768B0ED.jpeg


私達いけばな人は 四季折々の花材に対して 新鮮な感じをいだく、
その為 毎年同じ椿を見るのだが 新しく見たように感じるのである。
このような見方をフランス語で(ジャメブ)という。



posted by 森部隆 at 19:31| Comment(2) | 日記