2018年10月11日

シャネル祭り

シャネル祭りが 世界のVIPを迎えて 京都池坊家元で明日から
開催される。
午後5時からはプレオープンで多くのVIPが参加予定だ。
境内には お洒落な提灯やシャネルの店がならぷ。


D348C975-7083-4FF1-8735-EC55F50856ED.jpeg


07DC6025-C04D-4333-9B54-60AB3BC626E9.jpeg

小生の四方面自由花である。

2B12C910-8E58-4020-8B4D-51E82EAB6F99.jpeg

後ろから見る。正面に見えるのが シャネルのブースに入る入り口。

0432CC9B-6E67-4B7A-9DF0-354F65C7ADFA.jpeg

道場に生けた 白樺 胡蝶蘭 かすみ草を用いた自由花。

posted by 森部隆 at 21:25| Comment(7) | 日記

2018年10月09日

総特二日目

朝から学生は真剣な目で、
作品にとりくまれた。

一期 二期は皆さん緊張されていたようだが、今日はリラックスされて 、
どこからともなく楽しそうな笑い声が聞こえてくる。
今回は、砂物などの大作をそれぞれが 制作するため 気合いが入り 終了後の爽快感
充実感がいっぱいだからであろう。


ところで
いつも学生に言う事だが、
当研究室の授業では 一日一作を終わらせるのではなく
一週間かけて じっくり制作していただいて良い。

それよりも
それぞれの学生が目的をもち 取り組まれる事が重要だと 思っている。

明日は日本最古の花伝書 花王以来の花伝書を学ぶ。

BE1E7F8A-E29A-4789-802E-5A403D8DADF1.jpeg

前方は二代専好宗匠の二つ真が並ぶ 、


3EED376E-86AE-4503-B2FF-49F5F7DF0AA7.jpeg

二年 一年は砂物を学んでいる。
皆さん頑張って。


414BBA92-5C59-4808-9F40-B36B75FDBE70.jpeg

授業終了後 希望者で夕食にいった。
同じ釜の飯をいただくとは よくいった言葉で、
皆さんの思いもよらない
楽しい話があちら こちらから聞こえてくる。

posted by 森部隆 at 21:12| Comment(4) | 日記

2018年10月08日

総特始まる

第3期 総合特別科 森部立花研究室が開講した。
中研で学ぶと どの段階でも 見違えるほど 腕前が上がる。
中研にも慣れ 想像力が際立つからであろう。
これは 総特においても言えることで
本日 もくれんABの教室では
それぞれの作品から 作者の熱い心意気が感じられ、
想像力で溢れる立花がならんだ。

ところで、
砂物は明日完成予定だが 研究室では 一週間かかっても
構わない。 自分がいかに充実したかが重要である。


DC987509-316C-4CE5-8ABC-C6A0623B8CCA.jpeg


三期
一年生は一株砂物 二年生は二株砂物、
三年生は二代専好の二つ真を学ぶ。

CE08353C-41A9-4E48-9DB6-9C4F2F68F392.jpeg

三期は枝物が主のため、
ドリル ノコが必要となる 怪我しないよう 楽しんでいただきたい。
posted by 森部隆 at 20:39| Comment(0) | 日記