2019年11月28日

三日教室一組始まる

  本日より三日教室一組がウエスト7階AB の教室で始まった。皆さんは元気そうな表情である。
ところで、この季節の花材といえば 水仙がまず一番にあげられる。 そこで、皆さんは一色に取り組まれ それぞれに力作が出来上がっていた。

午前の講義では気韻生動について話す。
中国南北朝の時代 画家の謝赫が書き表した (古画品録)六法の一番に (気韻生動) がある。 画面に書かれている絵が生き生きとみえるということだ。 そしてそれを支える重要な事に骨法用筆がある。まさに水仙一色に無くてはならない事で 午前の講義ではその事について話しをした。 学生にはその主旨を理解していただき 僕は嬉しくなった。
明日は中日 頑張っていただきたい。

4E2B6553-BD54-4393-B24B-AF05D0AC300B.jpeg

家元近く 八百屋さんのクリスマスイルミネーションである。
京都ではクリスマスの飾りがあちらこちらで見られるようになってきた。
一年が経過するのが 早く感じる。


posted by 森部隆 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186860468

この記事へのトラックバック