2019年08月14日

蓮の思い出

二十歳の夏の思い出。
立花が掲載されている 祖父の本を開いて ページをめくると
蓮の立花があり感動し しばし眺めていた。 早速立ててみることに、
蓮畑にでかけ そこのおじさんに聞くと 今切ると蓮根が育たないので折角だけどごめんなさいといわれ ガックリした。
そこで 下に掲載している この葉を採取して 立てた事を思い出した。


81AC9E2F-D267-4FCA-A289-E6106A5B372B.jpeg


5BEE3DD0-3C74-49A9-926C-D50057E78F16.jpeg


これは 芋の葉
風をあびると 撞木葉みたいだ。
posted by 森部隆 at 12:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
森部先生こんばんは。
お疲れ様です。
先生の作品集 華浪漫 を拝見させていただいております。特に見応えのあるのは、蓮の立花です。この作品を拝見すると、亡き父を思い出すから、不思議です。お花は、良いものだと思いました。
Posted by 小谷真理子 at 2019年08月15日 19:20
小谷さんこんばんは
この時期の蓮は特に心ひかれます ただ水揚げが難しいため 僅かな時間しか 楽しめませんが この時間 蓮は私達を悠久の彼方へ誘います。
Posted by 森部 隆 at 2019年08月15日 19:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186422497

この記事へのトラックバック