2018年11月11日

新しい催し

今年度の旧七夕会は(花と音楽の夕べ) 高島屋会場において
次期家元と教学員4名による 音楽(曲目)をテーマにした作品展示と演奏家による生演奏が行われた。
僕は本日も 第一回目の演奏を聴いた。
広い会場には多くのお客様がお出でになり 演奏と、
作品を楽しまれている。

5935C982-D8F3-4C78-9E76-0E3D8F60429B.jpeg

この会場が
下の写真のようにいっぱいになった。

48A161C2-5210-4764-A7CB-330998DE6566.jpeg



DDCEEB19-9B19-4174-809D-E32599016742.jpeg


小生の作品。
毎日の手直しで 日毎 表情が変化していく。


ECB0141D-249B-4D83-AB91-93936BE3F7A7.jpeg

この作品のコメント


5CD5FDFE-96C8-4706-B3DC-FD993C2B6AD0.jpeg

小生の曲目は
ドヴォルザーク スラブ舞曲第10番。

この曲はせつなく、哀愁漂うといわれ
演奏会では アンコールに用いられるほど有名な
曲だが、 聴く人により、 切なさだけではなく 楽しくウキウキなったり、
力がみなぎるパワーを感じられ 人それぞれである。
小生のテーマ(白のクレッシェンド) 白は見る人により赤 黄色 青 黒 ピンク等 に感じる。
音楽といけばなの融合で鑑賞者に自分の表現をして欲しいと思い、この楽曲にしたのである。

それより なにより 僕のはこの曲が大好きだから、
この作品の楽曲にした。






posted by 森部隆 at 18:10| Comment(5) | 日記
この記事へのコメント
先生 大変お疲れ様でした

お陰様で 純白のコチョウラン 深山でひつそり生育していた
あおき そして素晴らしい音楽の融合になんとも言えない感動 感動でした

今日からゆっくりながら私もクレッシェンドしていきたく思います

ブラボー 森部先生!

Posted by 白鳥 at 2018年11月12日 10:24
白鳥さんコメントありがとうございました。

またステキな青木を用意していただき感謝です。
おかげさまで 多くの人に小生の作品を見ていただき
思いもよらない言葉をいただき大変嬉しく思っています。

これからもよろしくお願いします。
Posted by 森部 隆 at 2018年11月12日 10:42
今回の旧七夕は、今までのものとは違う新しい試みにあふれていて、とても楽しかったです。その中でも音楽とのコラボレーションは生演奏でもあり印象的。想像をふくらませながら、森部先生の作品とスラブ舞曲を堪能しました。
Posted by コチョウラン at 2018年11月13日 12:07
コチョウランさんコメントありがとうございます。
新しい可能性を探ることは私達にとってとっても大事なことですよね。
これからも頑張って行きますので
よろしくお願いします。
Posted by 森部 隆 at 2018年11月13日 21:08
Posted by at 2018年11月15日 19:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: