2018年10月09日

総特二日目

朝から学生は真剣な目で、
作品にとりくまれた。

一期 二期は皆さん緊張されていたようだが、今日はリラックスされて 、
どこからともなく楽しそうな笑い声が聞こえてくる。
今回は、砂物などの大作をそれぞれが 制作するため 気合いが入り 終了後の爽快感
充実感がいっぱいだからであろう。


ところで
いつも学生に言う事だが、
当研究室の授業では 一日一作を終わらせるのではなく
一週間かけて じっくり制作していただいて良い。

それよりも
それぞれの学生が目的をもち 取り組まれる事が重要だと 思っている。

明日は日本最古の花伝書 花王以来の花伝書を学ぶ。

BE1E7F8A-E29A-4789-802E-5A403D8DADF1.jpeg

前方は二代専好宗匠の二つ真が並ぶ 、


3EED376E-86AE-4503-B2FF-49F5F7DF0AA7.jpeg

二年 一年は砂物を学んでいる。
皆さん頑張って。


414BBA92-5C59-4808-9F40-B36B75FDBE70.jpeg

授業終了後 希望者で夕食にいった。
同じ釜の飯をいただくとは よくいった言葉で、
皆さんの思いもよらない
楽しい話があちら こちらから聞こえてくる。

posted by 森部隆 at 21:12| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント

懐かしい情景 いいなあ~~~

総合特別科 森部立花教室ならではの 個性を大切に育てて
くださる森部先生☆ いつも いつもありがとうございます

池坊の哲学は 心の支えです 一人でも多くの方と共有できますように。
Posted by 白鳥 at 2018年10月10日 18:57
白鳥さんコメントありがとうございます。
総特は花が上手になるだけではなく 多くの人と知り合い、生涯の友人ができる事だと思います。
僕も白鳥さんと出会えて良かったと思っています。
Posted by 森部 隆 at 2018年10月10日 20:56
いいな〜 正風体をまず学び、現代の花を考える。去年までお世話になったのにもどりたい風景です。
私の田舎はヘラクチと言います。怖くて怖くて花材調達はこわごわと長靴、長袖、軍手、頬かむり?(笑)。ススキがヨシが○○がほしいのでと声をかけながら藪の中に入ります。怖そうな所にいい花材があるんですう。
ブログもかたこしゃんもいつも楽しみにしています。
Posted by スマイル at 2018年10月11日 15:31
スマイルさん コメントありがとうございます。
スマイルさんが言われるように 怖いところほど 良い花材がありますよね。
しかし
良い花材を採取するためには なんのその
そんな気持ちになります。
Posted by 森部 隆 at 2018年10月11日 21:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: