2017年10月10日

花展の思い出

      IMG_0250.JPG   

     昨夜  池坊福岡本部展  撤花終了      花をはずす前  作品に手をあわせ
  感謝の気持ちを表した。  

この砂物を掲載したのは   作品の良し悪しではなく、
使われた花材のほとんどが一週間の展示にもかかわらず
生き生きしていたからである。

特にこの季節の枝垂れ柳は  すぐに先端から黒くなる。
ところが、
青々して   勢いがあり   手直し用の枝垂れ柳を数本準備をしていたが、
使わずじまいであった。 また、ウメモドキも最終日まで元気だ。

どうして保ちたのか  原因はわからない 。
おそらく、毎夜養生して  毎朝水換えと  花材に愛情をかけた事。

また、
お手伝いの方々の優しい気持ちが花材に通じたためであろうと思われる。
それ以外には考えられない

良かった。。  感謝。。。


独り言   
生け込み前は   時間をかけ  丁寧に  丁寧に草木に触れるのだが   撤花は
あっという間に終了する。  何でだろう?






posted by 森部隆 at 19:29| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
先生 連日お疲れ様でございました

作品を写真で拝見した瞬間 これは本物を拝見しなければと逸る心で会場にいき 真っ先に先生の作品の前に

、、、 青く瑞々しいしだれ柳 松の雄大なすがた

真っ赤なウメモドキ 今にも開きそうなピンクの椿

控えめな野生の菊 まさに名鏡の前にたたずむ心境でした

とりわけしだれ柳 にはいままでにない感動をおぼえま

した いけばなをしていてよかつた と思った瞬間で

でした ありがとうございました これからもよろ

お願い申し上げます
Posted by 白鳥 at 2017年10月11日 19:47
白鳥さん 遠い所から お出でいただきありがとうございます。
白鳥さんの お顔を拝見して とっても嬉しく思いました。
第3期お互い頑張りましょう。
Posted by 森部 隆 at 2017年10月11日 21:16
花展、お疲れさまでした。
連休前から体調を崩し、サイン会行けませんでした(T-T)残念無念の涙です。
知り合いが初めて花展に行き、大興奮!
地元のラジオをしていて「知っている気になっていた」「日本の守るべき代表文化!」と花展の話ばかりしていました。
先生の作品にも感動していて、見に行けなかった残念さに輪が掛かりました(T^T)

来月の旧七夕に作品が観れる事、楽しみにしてます。
Posted by ひのさと at 2017年10月14日 10:17
ひのさとさん 現在は 体の具合はいかがですか?
やはり健康一番 くれぐれも大事にしてください。

七夕で会えるのを楽しみにしています。
Posted by 森部 隆 at 2017年10月14日 20:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: