2020年02月26日

(別無工夫)


  いよいよ 明日は試作展。

先程エレベーターに乗っていると  数名の学生さんがのりこまれた。
みなさん緊張気味で (はー  はー)と言葉にならない。
僕も皆さんの気持ちがよく分かる。若かりし頃を思い出し 新鮮な気持ちになったのである

常々思っている事がある。
 僕は結果よりこれまで頑張ってこられた過程が大事だと思う。
この様な体験ができるのは
皆さんが現在青春時代真っ盛りであり、
誰にでも出来る事ではない
皆さんだけの特権である。

禅の言葉に  (別無工夫) がある   これは これまで頑張ってきたから 後は天に任せ自分らしく頑張れば良い結果となるよ という事だ。
そうです 自然体で


明日の夜は頑張られた皆さんに楽しい
謝恩会が待っている。
   
  フレー  フレー  皆さん。
posted by 森部隆 at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月24日

自由花に取り組む

  本日 5階もみじの教室で2年制専門科Aの授業を小生が担当した。
今日のテーマは草木の良い所を引き出し、
それを生かすのである
皆さんはいろいろな植物に取り組まれ、それぞれに見応えのある作品ができた。
可能であれば ブログにアップしたいのだが そうはいかない
そこで 
ここでは 授業風景を紹介することにしたのである。



  B5520F19-FE8E-4D90-9BC3-92B012E4A4E1.jpeg


D38F5DB3-BE3D-40BA-9EC6-F5F5658ED0F3.jpeg


 このクラスの皆さんは仲が良い 。
これから 夕食会に行かれるそうだ。  皆さんで楽しんでいただきたい。
posted by 森部隆 at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月23日

穏やかな今治

  今朝テレビを見ていると 春を告げる鳥二種を
紹介していた。
ウグイスとヒバリだそうだ。  
そういえば 数日前 我が家の梅の木には みかんを置いているが そこに鶯が飛んできた。
そこで 幼い鳴き声たが ホーキョと辿々しく、 まだホーホケキョとは鳴けないらしい。 
しかし 何度も何度も挑戦している。僕もこの姿勢に触れると 頭が下がる。頑張れウグイス君。
一方、  雲雀は 天気が良い日は天高いところで鳴く。そのため(日晴)とも書くそうだ。


僕は これから京都に向かうため 今治駅に到着した。
 このホームは 音楽ではなく鳥の鳴き声のテープが流れて
長閑な気持ちになる。


本日は今治支部の研究会に伺った。
 支部長の明るく 前向きな姿勢だからであろうか 支部員の皆さんは協力され 
(チーム今治) で  スクラムを組まれていて頼もしい。
 支部の皆さんも明るく 楽しそうに 生けられている。
後ろ姿を見ていると いけばなに対する熱心さが伝わってきた。
これからが楽しみだ。
また近い将来会えるのを 僕は楽しみにしている。

C00C1C4C-84A1-4E54-A336-CCF89FDAF409.jpeg


C1ECEF03-ACA0-4798-B31F-0702CE94D253.jpeg

 先程 駅員さんに ホームで流れている鳥の名前は? と尋ねたのだが、
笑顔で、分かりませんと一言。
 多分 僕は春を告げる 雲雀だと思うのだが。 ご存知の方は
教えてください。


posted by 森部隆 at 16:57| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記