2019年09月18日

明るく 元気に

本日は 久しぶりの自宅稽古(遊花村塾) 。
朝から 多くの皆さんにおいでいただき、 立花新風体 立花正風体 古典立花 正風体生花 大作自由花 小品自由花とそれぞれの目指す作品を制作された。
なかには上手く出来ず何度も抜いて生け直す人もいる。 また生けはじめるやいなや 顔が明るくなり冗談も出てくる人も、
案の定 良く見てみると 作品が良くなってくるのが僕にも 理解でき、 この調子でどんどん頑張ってと 心の中で声をかけた。

[華の立て候事も 心の如く顕るるなり、心弱くば花弱く、心たけき人は花もたけく見ゆるなり、この故第一。。。。。]
古文

ところで、
今日の昼食は皆さんが作ってくれた料理が椅子のうえに所狭しと並ぶ、ポテトサラダ 昆布の煮物、混ぜご飯 数種類の漬物、 僕の大好きな卵焼き 不思議なことに卵焼きはそれぞれの家庭により微妙に味が違うと思うのは僕だけでは無いと思うのだが。

当稽古場の皆さんは元気だ。
大きな荷物を抱えて二階に上がり 、大変なのに いつも明るく笑顔を絶やさない。 僕にとっては大事な 大事な皆さんである。 次回元気で会えるのを楽しみにしている。
本日はお疲れ様でした。
posted by 森部隆 at 20:20| Comment(2) | TrackBack(0) | いけばなのデッサン

2019年09月12日

秋がやってきた

京都は 涼しく爽やかな朝を迎えた。 何時もはジャケットを手に持ち歩くのだが
今朝は着たまま家元に向かう。

本日は二年制専門科B自由花の授業を小生が担当させていただいた。
三十名を超す学生さんはそれぞれに素敵な作品を生けられ、
ワンステージアップされたようで 僕は嬉しくなった。
さすが
花の専Bと言われているだけはある。
この調子で今後も頑張っていただきたい。

FF618708-345A-44A5-9B94-1B099E212475.jpeg

和装バッグを利用した秀作で 赤い紐が印象的である。
この作品は 家元ビル一階に展示していただいている。明日 家元に通われる皆さんの目を楽しませてくれる事だろう。 お疲れ様でした。

ところで、僕の携帯を初期化したため まだ 電話番号、メールアドレスが失われたままである。困ったものである。 今後は注意しなければ。
皆さんもご注意を。

posted by 森部隆 at 20:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月08日

特修古典立花

7日 8日 特修古典立花を小生が5階 の(きく もみじ)で担当させていただいた。

昨日 講義の後、制作開始。
皆さん ノコ 、 ドリル、 ナタなどの使いが手慣れてあり、
日頃の稽古の深さが感じられ 僕は 安心してみられた。
皆さんがこの度 立てられた立花は大振りで優美 繊細が特徴の古典立花である。
それぞれに素晴らしい出来であり、僕は嬉しくなった。

本日は関東地区に台風が襲来するとの事であり、 かたずけが終わった後、
皆さんはそれぞれの元に帰っていかれた。 無事に帰れますように。
また近い将来会えるのを楽しみにしています。


A2A89DB4-870D-4737-B9BD-0A4E199C142F.jpeg


DA805E47-2EBE-4029-8FE7-2F2ED0F9617F.jpeg

一作一作に気合が入り 圧巻である。
皆さん良く頑張りました。
posted by 森部隆 at 17:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記