2018年05月14日

立花研究室始まる

本日より、 森部立花研究室 第1期が開講された。 誓約書を書く手がわずかに震えていた 学生だったが 午後 花材を手にして 立て始めると皆さん堂々と凛々しく感じられるようになってきた。 当研究室の最終目標は立花新風体で、学院祭では全員 立花新風体を出瓶する。 しかしながら、 立花である以上は立花の持つ格 あるいは陰陽で構成される花律が備わっていることが当然必要だと思う。 そのため 一週間の内 2日間は正風体立花 や古典立花を学ぶ。 本日も一年生は直真 2年 3年生は幹作りを学んだ。 研究室は2日で完成しなくても自分の歩幅で勉強されるのが良いと考えている。 要はいかに深く学び 自分のものにするかという事が一番だと思う。 夜は クラス懇親会が行われた。 それぞれの自己紹介で皆さん 興味ある話をされ、僕は聞き入り あまりの上手さに感心したのである。 明日からも皆んなで頑張ろう。 楽しくなって来た。 5CE6AD16-B964-4EE0-94E2-92784973B23C.jpeg 59A9B9B0-3334-44BA-B1D4-DB162104E491.jpeg
posted by 森部隆 at 21:42| Comment(2) | 日記