2017年10月10日

花展の思い出

      IMG_0250.JPG   

     昨夜  池坊福岡本部展  撤花終了      花をはずす前  作品に手をあわせ
  感謝の気持ちを表した。  

この砂物を掲載したのは   作品の良し悪しではなく、
使われた花材のほとんどが一週間の展示にもかかわらず
生き生きしていたからである。

特にこの季節の枝垂れ柳は  すぐに先端から黒くなる。
ところが、
青々して   勢いがあり   手直し用の枝垂れ柳を数本準備をしていたが、
使わずじまいであった。 また、ウメモドキも最終日まで元気だ。

どうして保ちたのか  原因はわからない 。
おそらく、毎夜養生して  毎朝水換えと  花材に愛情をかけた事。

また、
お手伝いの方々の優しい気持ちが花材に通じたためであろうと思われる。
それ以外には考えられない

良かった。。  感謝。。。


独り言   
生け込み前は   時間をかけ  丁寧に  丁寧に草木に触れるのだが   撤花は
あっという間に終了する。  何でだろう?






posted by 森部隆 at 19:29| Comment(4) | 日記