2017年05月31日

遊花村塾

    今日は 遊花村塾(自宅稽古)のお稽古日で、
午前中から生徒さんが来られ、それぞれの様式に取り組まれた。

花材、花器を持って来られる人もいて、大変だと思うが、笑顔で足取りも軽く、
生き生きとされ、皆さん  実年齢よりも かなり若く感じられる。

ところで、
お昼は、皆さんで食事をいただくのが恒例である。
手作りの料理を持参される方もいて、飯台の上から溢れるように並べられる。
さしずめ、ランチのバイキングのようだ。

   (同じ釜の飯をいただく)という教えがあるが、まさに食事の後は友情の輪が膨らみ
あちら  こちらから笑い声が聞こえ、
それを聞いていると、僕も心が軽くなってくる。

本日は 、  福岡県連合花展がまじかに控えているので、
皆さん、日頃より  熱心に取り組まれていたように感じた。
さあ、県内の皆さん頑張って。
県外の皆さん応援よろしく。

IMG_0490.JPG


IMG_0489.JPG


遊花村塾の教室。
皆さん作品に集中されている。
さあ頑張ろう。

posted by 森部隆 at 19:53| Comment(0) | 日記

2017年05月29日

笊蕎麦


      どなたにでも、こだわりの食べ物があると思うが、
僕には   あまりそれが無く、ただ   お腹が膨れればそれで良しとしていた。

ところが最近   笊蕎麦にはまっているのだ。

以前、ブログに掲載したが、
山間のおばさんが自宅でうった蕎麦を持ってきてくれ  皆でいただいていた。
この蕎麦はつなぎが入らず、 ボロボロに切れ   独特の香りがするので、
僕は  はまってしまったのである。

その後   おばさんとは会えなくなり  その味を求めていろいろな情報を頼りに  店に行くが
なかなか出会えない。

どなたか、お勧めのお店があれば どこまでも行くので、お知らせいただきたい。



IMG_1298.JPG



最近   時々通う店は   少し  蕎麦の香りがするので、僕は笊蕎麦が出てくると
先づ、だし汁はつけずに食べてみる。
不思議なことに味が毎回ちがうのだ。    

今から、
笊蕎麦や素麺が美味しくなる季節が到来する。   楽しみだ。

ちなみに、この店では  笊蕎麦、と  いなり寿司をいただくことにしている。




posted by 森部隆 at 19:18| Comment(0) | 日記

2017年05月27日

単行本

    最近 、  僕は少し思う事があり、
机の前に座る時間が多くなった。

母は  その姿が気になったのだろうか、僕には声をかけないが  後ろを何度も通る。
 いつもとは違い  回数が増えたように感じるが  僕は別に気にはならなかった。

次の日、
白い軽トラで  朝倉の大地をユックリ  ユックリ進んでいると、
ダッシュボードの下に、軽トラには不釣り合いな
厚い本を見つけた。

以前から文藝作品が多く掲載されている本だ。

何気なく手に取ると、
母が見せたいところは何度も折られたのだろうか、自然にページがめくれて
その部分が開くようになっているのである。

その記事を一行読むと、次から次に僕の目が移動していく、  
大変  興味深い内容が書かれていて、  なるほど、なるほどと  
納得できる内容だ。

数ページを読み終えると、
僕の  今までの悩みが   瞬時にして吹っ飛んでいった。
まさに
    (考え方を変えたらパラダイス)   となったのである。

僕は気分がスッカリ晴れ、自宅に戻ると、母には何も言わず 稽古場に。
母は  僕の姿を見た後からは、
後ろを通る回数が極端に少なくなった。

それにしても、母はこれまで読んだことの無いような  
文藝集の本を何処で手に入れたのだろうか。
「母は侮れず」。。
posted by 森部隆 at 14:12| Comment(0) | かたこしゃん 番外編