2017年01月30日

総特四期始まる

    本日より   総合特別科  第4期が本館7階  さくらの教室で  開講した。
初日、学生には 様々な水仙立花にとりくんでいただく。

陽(夏)は杜若    陰(冬)の季節には水仙を学ぶ事で、
優美で   表情豊かな葉のさばきが勉強できると思うからである。

初日、2日 で学んだ事を、
これからの立花に生かしていただきたい。


IMG_5137.JPG

学生の背中から   心意気が伝わってくる。
頑張ろう。


posted by 森部隆 at 21:20| Comment(2) | 日記

2017年01月28日

関東地区冬季講習

   今日は冬季講習B日程の初日。

10時から6階講堂で開校式がおこなわれ、その後それぞれの教室で授業が行われた。
   教室には、
この季節にしか手にすることのできない
水仙や花木が用意されていて、
受講者は熱心に取り組まれ、集中されていたのである。

僕は502の教室で立花新風体を担当した。何度やっても指導は難しいのだが、
昨夜、時間を余分にかけて、
予習したおかげだろうか、スムーズにでき、実技も無事に終了しホッとしている。

明日は習い物七ヶ条である。   頑張ろう。




IMG_0186.JPG

中央線、総武線が走っている御茶ノ水駅、
多くの学生が御茶ノ水口から学院に向かう。
現在、改修が行われているが、エスカレーター、エレベーターがまだなく、
花の荷物を持って、
階段を上がるのは大変だ、皆さんの頑張りには頭が下がる。


IMG_0185.JPG

駅から池坊東京会館まで
この道を歩いて行く。
色々な街路樹が植えてあり、
季節の移ろいを感じる。   


IMG_0180.JPG

この立派な会館で  冬季講習が行われている。
それぞれの教室は、
近代的な設備が整っていて、習いやすく  
教えやすい。


IMG_0170.JPG


五階の教室から見る外の景色。
本日は  雲一つない快晴であった。

IMG_0169.JPG

会館のホールから下を見ると総武線、中央線の線路が見える。
関東地区冬季講習も明日まで、
学生さんには充実した良い時間を過ごしていただきたい。



posted by 森部隆 at 17:36| Comment(11) | 日記

2017年01月25日

モンステラ


    モンステラの 葉には中央まで切れ込みがあり、光沢がある。
この形からは、独特の世界が漂う。  

三分の一  ほど残して、
カットすると、仮面舞踏会の主役のようだ。

余談だが、
これによく似た煎餅が福岡市内にあり、とっても美味しく、
皆さんから親しまれている。

ところで、
何故 このような形になったのだろうか。
専門家が言うには 、モンステラが生育しているところは熱帯、
突然襲ってくる   スコールから身を守るためで、
    雨水が流れやすくなっているからだと    説明されるが。。

本当のところは  いかがと  モンステラに聞けば、
葉の隙間に  心地よい風が入り   可愛い色とりどりの虫たちと、楽しい話ができ、
気持ちが良いから   切れ込みがあるんだよと言うかも知れない。
よく見ると   浪漫を誘う形である。

草木には色々な形、色、質感があるが、何故そうなったのかを知るではなく  
いけばなは  花と対話をして   草木の気持ちを知り、生かしてやる事が大事なような気がする。


僕はこれから東京へ向かう。明日より関東地区冬季講習がある為だ。
初日は立花新風体を担当する。
どんな花材に出会うのだろうか。  楽しみだ。


IMG_4862.JPG

香港の花屋さん 
色々な種類の欄が展示されている。
posted by 森部隆 at 18:06| Comment(0) | 日記