2016年03月31日

十文字の思い出

     先ほどまで 友達と 、   昔話が弾んでいた。

我が家の近くに  地名が十文字と呼ばれている所がある。    

道路が交差する場所のために   この名前がついたのであろう。

今は、以前の賑やかな面影はないが、
当時は、バスの急行が止まり、多くの人が歩いていて、
まさに、僕にとっては都会であった。

交差点の角には、お菓子屋さん、魚屋さん、回転饅頭やさんがあり、
母からもらったお金を握りしめて買いに行った。
冬は      ふーふー言いながら食べる、早口で食べたので、もう一個食べたいな
と何度も思った。
そのためだろうか、回転饅頭は今でも僕の大好物一つである。

また、
夏にはカキ氷、
店のおばちゃんが赤いイチゴシロップを他のお客さんより、
多めにかけてくれ    嬉しかったのを思い出す。

友人と何杯もお茶をいただき、話が続いた。
用件を思い出したので、その席を離れたが、
故郷の話ができる友達がいる事は幸せだと思う。

用件が済んだら、回転饅頭を買って、
十文字に行ってみよう。

image.jpeg


十文字の近くには雄大な田園がひろがっている。
posted by 森部隆 at 11:36| Comment(6) | 日記

2016年03月29日

さくら

    この時期になると  テレビやラジオから桜の開花予想が流れる。

日本人が愛する代表的な花の一つであるため、みなさんの桜に対しての思いは特別だ。
桜にはいろいろな種類があるが  ピンクの花をつけて咲くと 、どのさくらを見ても心 ひかれる。

桜の名所にいくと、早朝から良い場所にシートを敷き、
宴の準備がおこなわれている。

桜の下で、友人や会社の仲間と酒を酌み交わし、
花見弁当をいただかれている姿を見ていると、楽しくなってくる。

ここ数日  寒くなり花冷えの季節ではあるが、

桜の下では気分が盛り上がり、
顔を赤くして、
半袖になり  陽気に語り合っている人達を多く見受けlる。

楽しい時間を過ごしていただきたい。

飲み過ぎにはご注意を。。

image.jpeg


六分咲きの桜だが  黄色の菜の花とあいまって
美しい。
数日もすると、  提灯が設置され、
桜の下で宴が盛大に開かれる事であろう。


posted by 森部隆 at 17:57| Comment(2) | 日記

2016年03月27日

元気の源

  今朝は快晴で凌ぎやすい一日であった。

  
 最近では、町おこしや村起こしで河原や空き地にソメイヨシノが 植えられている。
これから一面ピンクの彩りとなり、
良い季節が到来する。

今日、 ある人に会った。
この方を拝見していると、いつも  心身ともに若々しいので  若さの秘訣は何ですか? と伺うと、
  何もありません。
『私は、家にいるときは100歳です』よ。
しかし花の用件で出かけるときは50歳です。
また、
自分にとって悪いと思える事はすぐに忘れるようにしています。
その代わり、今度の花展では何を生けようかと考えるとワクワクして、思いが膨らんで楽しくなり、
お腹も空きます。

そういえば、僕も出かけるときは何かが違う。足取りが軽くなるし、
すぐにお腹が空くのは何故であろうか。

池坊いけばなをしていて本当に良かった。

posted by 森部隆 at 21:56| Comment(4) | 日記