2018年12月11日

冬季研修講座

月曜 火曜の2日間、 現代砂物のコースを小生が担当させていただいた。
おかげさまで 満席の盛況となり 大変嬉しく思っている。

初日は 入校式が9時より行われ講習会は9時半スタート。
砂物は真行草に分類される 今回の砂物は草である。
皆さんは 砂物の基本的な事を守りながら 自由自在に立てられ 見応えのある砂物が出来上がった。

学生の一人が (私は 地元の皆さんに内緒できたから 先生よろしくお願いします)と言う言葉に僕はググッとなった。

それでは 、この2日間の進行状態をレポートしてみよう。

71355363-542E-4FCD-BF04-C8244FB35F3B.jpeg

BB359993-F40D-4799-B3E7-6C2422B36199.jpeg

先ず、
初日は土台作り これが勉強になる。出来上がってしまえば中が見れない為 学生はそのコツを学ぼうと真剣に見ていた。


A2BD7ECB-6EB9-4954-A3B3-3807637ABF28.jpeg


642ED236-4B40-46A5-A753-2A5687DFFD70.jpeg

皆さんが集中されている4階 もくれんの教室。


7AFC3BB1-6AFF-46BC-94A5-6F750C926D9C.jpeg

手直しの時、
学生は一つでも見逃さないようにと熱心に作品の写真を撮ったり、デッサンをしたりと、皆さんの学ぼうとする意思を感じる。


これから、作品を数点 紹介しよう。

946B74AA-FA5B-4694-AA31-CB8E69F12E05.jpeg


9C8ADBD3-906E-40D4-B0F2-81A152A1322C.jpeg


B8F21172-66C4-4399-B3AD-7796781C55D6.jpeg


BAF51931-E452-48DD-BDD6-3873CE2377D9.jpeg


6D746127-95DD-4FB5-9F07-B180990CF4AD.jpeg


0BEE3ADC-2979-4C58-8DA7-AE70110C32F4.jpeg


このほかにも素晴らしい砂物が完成した。
ブログをご覧の皆さんに紹介したい気持ちでいっぱいである。

今回 冬季研修講座に参加していただきありがとうございました。
また近い将来 皆さんに会えるのを心から楽しみにしています。

これから寒い日が続きそうです。
身体に気をつけられますように。











posted by 森部隆 at 18:17| Comment(4) | 日記

2018年12月09日

冬季研修講座始まる

中央冬季研修講座BC日程を小生が担当する

昨日は5階きくの教室で立花新風体の釣り掛け 置きを担当した。
僕は常々 立花新風体は池坊最高峰の花形だと思っている。
そのため講義では熱がはいる。 それを理解していただいたからであろうか、
それぞれ立派な作品ができ 嬉しくなった。

また、
本日は6階かきつばたの教室で 水仙一色立花を担当、
いけばなを知らない人でも 水仙や杜若の立花をご覧になると
必ずと言っていいほど 皆さん感動される。
立花の形は日本人のDNAに働きかけるからであろうか。


皆さん 良く頑張りました
また 近い将来会えるのを楽しみにしています。

40B843DC-91DD-4508-B6A1-12CAD203465C.jpeg

852745EF-8021-4506-8DFD-B54B27293FD7.jpeg

FC7BAB2D-1A1E-402D-BD63-FEA01D9F05A8.jpeg

後ろからの写真で ブログをご覧の皆さんには申し訳ないが、
正面から学生の一所懸命な姿を撮影するのは
いかがなものかと思ったからである。

それぞれの作品からは 作者の熱い情熱と格調が感じられ 許されるなら
ここに紹介したい気持ちでいっぱいだ。

これから、
お互い頑張っていきましょう。

追伸
ブログの表紙が更新されました。
サンタクロースのお家に 服が干してあります。
もう この季節になりました。

posted by 森部隆 at 18:17| Comment(0) | 日記

2018年12月05日

お知らせ

昨夜は9時にやすんだため 先程目が覚めた。
人間睡る時間は決まっているんだなと思う

さて、早朝 ホームページが更新されました。
エッセイかたこしゃん112話『作文』です。 お楽しみ下さい。
皆さんも 良い1日であります様に。
posted by 森部隆 at 05:02| Comment(22) | 日記

2018年12月04日

先達の教え


『木守り』
昔より言い伝えられてきた教えがある。
この『木守り』は。晩秋から初冬にかけて作物を全部収穫するのではなく
少し残し自然に返す行為のことである。
これは自然への感謝であり、
先達の自然との共生の現れだ。


A0CB640A-9520-4E0A-B1A6-CBF0EA4FAECF.jpeg


59BB3EBC-B35B-4752-BCD6-23A11BF71558.jpeg

ところで、
この渋柿をつるし、太陽の陽が当たると、渋みが消えて 甘くて美味しい柿になるから不思議だ。
僕が幼い頃 、カビのはえる前、少し渋みが残っていてもおかまいなしに食べていた事を思い出した。

先日、
聞いた話だが、つるし柿は 11月23日以降に吊るすと カビが生えないそうだ。(原因わからず)。
また吊るすのは藁の縄ではなく、棕櫚が良いそうだ。(これも原因わからず)
いずれにしても、先達の教えには今更ながら頭が下がる。

話の終わりに、
人生の経験者の言葉は
国立図書館の知識に匹敵すると言われた言葉が印象的であった。


posted by 森部隆 at 10:04| Comment(0) | 日記

2018年12月01日

お知らせ

花展案内

池坊大分東支部
いけばな池坊展が 12月2日 (日曜日)
大分コンパルホール市民ギャラリーにおいて
(清らかに花匂い立つ)のテーマで開催される。

D43C8B53-78C2-45A6-86AE-6A0FD0C32D05.jpeg


お洒落なコンパルホールである。
大分駅からのアクセスも便利だ。


45DBDC9E-0231-452E-B94D-EE326BB37A06.jpeg

会場入り口には、
クリスマスの可愛い作品が展示され、
お客様の向かえ花となっている。

2F2F296A-AD7E-42FD-85FB-3E58B1D818C4.jpeg

支部長の心優しい 気配りがあり、
出瓶者の皆さんは楽しそうに制作されていて
微笑ましい。

作品は 松 南天 椿の和花から、欄、アンスリウム、アレカヤシ等の外来種もあり
初冬の情景が感じられる力作が皆さんをお迎えしている 。
お近くの方は是非おいていただきたい。



posted by 森部隆 at 15:55| Comment(2) | 日記