2018年02月22日

お知らせ

本日京都ブライトンホテルで謝恩会が行われ、それぞれのクラスは趣向をこらし、
舞台を務めた。
僕も あまりの素晴らしさに 立ち上がり皆さんと一緒に手を振ったのである。

ところで、
本日の試作展に向けて 昨夜はあまり眠れなかったひとも多いと聞いた。
そのため、それぞれ 気力のこもった作品が多く、見応えがあり、感心しながら拝見した。
皆さんお疲れ様でした。


ところで、本日ホームページが更新されました。
エッセイかたこしゃん は第93話
「脱脂粉乳 」
お楽しみいただければ幸いです。
posted by 森部隆 at 20:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月19日

皆さん頑張ろう!


本日6階 (あさがお) の教室で、東京校専門科B の授業を小生が担当した。
専門科Bは昔から花の専Bと言われて、 一番上達する時期である。
それも、第3期から第4期にかけて伸びるのだ。

本日の皆さんも しらしんき(一生懸命)に立花新風体に取り組まれ 、
思いもよらない出会いや構成をされて 僕は驚き 感心をしたのである

ところで、
米沢藩に上杉鷹山という名君がおられた のをご存知だろうか?。
財政の立て直しや藩政で困られた時、
師匠で東海地方出身の細井平洲という方が 殿様に向かい
(泣き申さず候ては 化し申さず候)と言われ 殿様は頷かれたそうだ。
つまり、
泣くほどの感動がなければ化けないよ ということであろう。
「化ける」とは相撲の世界で一夜のうちに上位の人を倒す実力をつけることである。
まさに専Bは楽しいことばかりではなく、
花が生からず悩む事も花が上達するためには大事であるということだ。つまりこの時期 皆さんは(化ける)のだ。

専門科B 諸君の 今後の健闘を祈っている。
今日のように伸びやかに 意外性のある取り合わせで試作展に臨んでいただきたい。

ところで、ある方より ブログがアップされていませんがお元気ですかとの内容のメールがあった。
本当にご心配をおかけしました。 僕は元気です。
感謝。。
ただ、アイパッドの調子がイマイチのため、
書けない状態が続いています。

こんなに 当ブログを大切に思っていただき 大変嬉しく思います。
今後とも よろしくお願いします。
posted by 森部隆 at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月14日

明日試作展

本日は、二年生平日コース教養科Bの生花の授業であった。

規矩性と自由性の狭間が芸の究極とはいえ、
この両立はなかなか難しい
しかし 今日の学生は 前向きな方が多く 内容のある正風体生花ができた。
なかには、白いガラスの長瓶に 優しい草花をとり合わされて
未来に繋がる 見応えのある作品となり 充実した一日となったのである。

明日は待ちに待った 試作展 8時からエレベーターが動くとのこと
皆さん 今夜はねむれそうもない事だろう。
しかし これが将来 皆さんの大きな財産になることだろう。

それぞれに 今まで培ってきたものを 最大限にいかしてほしい
僕は残念ながら 拝見できないが 皆さんの 健闘をいのる

頑張って!

posted by 森部隆 at 18:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記